動物にとって分かりやすく話すコツ


ひとつ前の記事「動物は人間の言葉が分かるの?」で、
目の前にいる動物と話すときは、
まずは難しく考えずに、
ふつうに人間の言葉で話しかけてみましょう、
と書きました。

じつは、さらに伝えやすくするコツがあるのです。

分かりやすい話し方で意識したい点は


今回は、さらに一歩進めて、
相手の動物にとって分かりやすく、
受け取りやすい話し方についてお伝えいたします。

では、その前にちょっと考えてみてください。

例えばあなたが友人と話をしていて、
先日観た映画の話を始めたとしましょう。

その時、目の前の相手が
「わー、そうなんだ!それでどうだったの?」
と返事をしたとします。

言ったことは同じ言葉だけれど、
Aさんはあなたの顔をしっかり見ながら、
Bさんは、スマホをいじりながら…

さて、どちらの友人が、
本当にあなたの話を聞きたいと思ってくれている、
と感じるでしょうか?

きっと、Aさんですよね?

動物とのコミュニケーションでも、
同じようなことが起きています。

「どんなことを考えているの?」と尋ねながら、

心の中では、
「動物が言葉なんて分かるわけないよねぇ~」
と思っていたり、

「きっと答えは受け取れないだろうな」
なんて考えていたり、

「あんまり興味ないけど、練習だから」
といった考えがはたらいていたり、

「かわいいかわいい」と言いながら、

惰性で念仏のように口が動いているだけだったり、

社交辞令だったり…


こういう状態のとき、一体何が起こっているかというと
思い、行動、言葉がちぐはぐで、不一致が起こっているのです。

思いと言葉、どちらが動物に伝わりやすいのか?


人間同士の会話の例でもあったように、
人間ですら、たいていの場合は
相手が聞きたいと思っているのか、そうではないのか、が
分かってしまうものです。

先に明確に伝わるのは、
言外のメッセージ、心の中で思っている方なんですね。

動物は、言葉は理解しますが、
もともとやり取りのツールとして言語に頼ってはいません。

その分、無言の言葉、言葉になる前の、
思いや感情のキャッチが得意なんです。

なので。

=(イコール)にすることを意識しましょう


動物によりよく伝える、動物が受け取りやすく伝えるコツは、
心でしゃべっていることと、口から出る言葉を同じにして話す。
なのです。

動物に話しかける時は、ぜひいったん気持ちを整理して、
心=言葉の一致を意識して、
落ち着いて話しかけてみてくださいね。

どのように同じにするのか、という具体的なお話しは、
基礎クラスでも詳しく取り上げていますよ。

ぜひいっしょに学びましょう!
https://www.iiac.jp/course/basic/

言葉で話しかけることに慣れてきたら、
その一歩手前から意識する、をぜひ取り入れてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 動物にとって分かりやすく話すコツ 続き

  2. 動物と話す時、いちばん初めに必要なこと

  3. 動物は人間の言葉が分かるの?