動物は人間の言葉が分かるの?

そもそも、動物は人間の言葉を理解できるのでしょうか?

そんなふうに疑問を持つ方もいらっしゃることでしょう。

答えは…

はい、もちろん!!

動物は、ちゃんと聞いて、理解します。
理解しようとしています。

特に、人と暮らすことを選んだ動物達は、
日頃ヒトの言葉をよぉ~く聞いているし、
いつも分かろうとしている。

大好きな飼い主さんの言うことなら、なおさらです。

自分に向かって言われる、
いつも良く聞く言葉は、
その音と、
その時のシチュエーションやでき事、
意味とを結びつけて覚えているものです。

とはいえ、人間の言葉の数は膨大で、
新しい言葉もどんどん出てきます。

動物はそういう言葉の一つ一つを
理解しているというよりは、

その言葉を言っている人から
一緒に伝わってくる雰囲気や気持ち、
状況、イメージを
一緒にキャッチして理解しています。

まずは難しく考えずに、
ふつうに言葉で話しかけてみてください。

きっと、想像していた以上に、
動物たちがしっかりこちらに意識を向けて、
”ちゃんと聞いている!”ということが
分かるでしょう。

ですから、くれぐれも物の前で、
「こいつバカだから」といった発言は
お控えください。

どうわからないでしょ?なんていう
その気持ちもろとも、
伝わってしまいますよ!

より良い関係を作っていく上で、
なんの足しにもなりません。
(むしろマイナスです)

動物には、
気持ちもあれば、考えもある。
それが当たり前の世界になっていきますように。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 動物にとって分かりやすく話すコツ 続き

  2. 動物と話す時、いちばん初めに必要なこと

  3. 動物にとって分かりやすく話すコツ